2007年05月

2007年05月 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

平成生まれの人はわかりませんが、昭和生まれの人が思い浮かべる一般的な視力検査は、壁に貼られた視力表の前で片方の目を黒い丸いもので塞ぎ、大きな文字や小さな文字を見て読み取ることだと思います。自動車免許証などの交付試験や最近の人間ドックでは、視力検査は機械化され、文字が見える範囲内で測定します。しかし、視力は一定でなく、1日の中でも変動します。一般的に朝の視力の方が、夕方の視力よりも高いようです。一日目を酷使したせいでしょうか。

よって、眼科医では、視力の矯正度数を使用します。その単位を日本ではジオブターといいます。コンタクトレンズ装用の人なら知っているかもしれません。知らなかったら、もう少し自分の目に興味を持って学習した方がいいと思います。ちなみに、日本ではコーマといいます。ジオブターの数値は、焦点が合う最も遠い距維(遠点距離=焦点距離)を割り出して測定します。

焦点距離が
1メートル:-1D
50センチ:-2D
33.3センチ:-3D
16.7センチ:-6D
10センチ:-10D
となります。

近視は、-3D未満が軽度、-3~-6Dが中度、-6~-10Dが高度、-10D以上が最高度と分類します。

ちなみに、現在の私の矯正度数はー9.25だったと記憶しています・・・。

視力について

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。