レーシックで使うレーザーメスに詳しくなろう

レーシックで使うレーザーメスに詳しくなろう に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

レーシック手術は、レーザーの波長の力を利用して、角膜を精密に削る(蒸発させる)ことにより実現します。

レーザーには、ヤグレーザー、炭酸ガスレーザー、アルコンレーザー、ルピーレーザーなどがあり、それぞれ性能に特徴があって、病変の種類によって使い分けられています。

レーザー光線は人工の光で、単一の波長で位相(周期運動の状態・位置)がそろっていて、散乱せずに直進します。このレーザーが出す振動派の波長は193ナロメーター(1ナロメーターは、1ミリメーターの千分の1のさらに千分の1)前後だと言われています。非常に細かい世界の話ですね。

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lasikinfomations.blog76.fc2.com/tb.php/105-70f00c96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。