成長過程で近視になる子供が多い理由

成長過程で近視になる子供が多い理由 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

なぜ近視になるか、原因はまだ解明されておりません。恐らく、食生活や姿勢などの問題、近くのものが多いという生活環境が根本的な原因だと想定されます。

年齢を経るとともに視力低下する理由は以下のように考えてよいと思われます。

目の正面から、目の奥までの長さを「眼軸」といい、人間の成長に伴い伸びていきます。新生児は眼軸の長さが短く、ほとんどは遠視の状態になっています。角膜や水晶体の屈折力が体の成長にしたがって弱くなり、全体のバランスが調整されて正常な視力になります。ところが、これらのバランスが崩れることにより、近視になるといわれています。

「成長過程で近視になる子供が多い理由」とは「成長過程で視力調整に関する全体のバランスが崩れる理由」と置き換えてもいいでしょう。

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lasikinfomations.blog76.fc2.com/tb.php/106-a4a994f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。