エキシマレーザーとはどのような医療機器か

エキシマレーザーとはどのような医療機器か に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

日本では2000年1月から徐々に臨床で使用可能となっている、エキシマレーザーエキシマレーザーとは何なのでしょうか?

エキシマレーザー機はコンピュータと連動し、角膜表面を1マイクロメートル(200万分の1メートル)単位で切除する精密機器です。超微細な調整が可能となり、視力の回復が強度近視でも可能となるなど、画期的な機械です。

どんどん新しい機種が生まれていくレーシック業界ですが、既に実績の高い機種を例として挙げておきましょう。

  • ビジックス(米国製)
  • ニデック(日本製)
  • テクノロス(ドイツ製)

それぞれ、得意不得意がありますが、現在本記事を記述している時点では、テクノロスが一番実績があり、術式として安定しているとの話を聞いております。それ以上の最新機種もたくさん出ているのですが、医師の慣れもありますから、最新機種が最も良いとは一概に言えないところです。

大体、どのレーザー機も重さが約700キロ前後、高さは1.5メートル前後、奥行きは約2メートル前後と、とても大きい機械です。あと、エキシマレーザー機は温度に敏感なため、エキシマレーザーを置いてある病院は結構寒いことが多いので、一枚上に羽織るものを持っていきましょう。

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lasikinfomations.blog76.fc2.com/tb.php/108-6a8c7c56
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。