レーシックの視力矯正の成功/失敗の判断ポイント

レーシックの視力矯正の成功/失敗の判断ポイント に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

レーシックによる視力矯正手術が成功したかどうかの判断は、近視の度数が減ったか、裸眼で日常生活に支障がないようになったかによって判断するべきです。

個人差がありますのでコンタクトやメガネ使用より、必ずしも良い視力になるとは一概に保障できません。ただ、ほとんどの人は楽になって、やってよかったと言います。

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lasikinfomations.blog76.fc2.com/tb.php/112-043efa18
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。