レーシック手術を受ける上での心構え

レーシック手術を受ける上での心構え に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

レーザー手術を受けた人、これから受ける人が不安に感じるのは、「痛くないのか」「失明しないか」という恐怖感でしょう。もちろん、「痛くないのか」といっても、どれくらいの痛みまでに絶えられるのか、どらくらいの期間痛みにを我慢できるかという話もあるので、いろいろ一概に言えない部分が大きいと思います。

ハードコンタクトレンズをしたことがある人は嫌な経験としてすぐに思い出せるかもしれませんが、眼の中に、凄く小さな砂粒や睫毛が入っただけでも凄く痛くて、何もできないくらい気になり、涙があふれて止まりません。

そんな敏感な目ですから、表面を削る手術を受けるということを想像しただけで、痛くなってしまう人もいるでしょう。

日本の場合、アメリカに比べると手術例や手術が始まってからの期間は短いです。ただ、テレビ、雑誌などマスコミが特集を組み、また、病院の宣伝も目立つようになりました。その結果、視力矯正のレーザー手術について多くの情報を得ていると思いますが、不安なものは不安ですよね?本当に問題が起こらないかなんて、誰もわかりません。だって、レーシック手術中に大地震が起こるかもしれない時のことまでレーシック手術の機械は考えてないでしょうから。

手術するかしないかを決めるのは自分自身です。レーザー手術に少しでも疑問点があれば、術前に納得をするまで医師に質問をすること。そのための知識吸収の場として、本HPを含めた、インターネットサイトを利用するといいでしょう。完全に疑問点を質してから、手術に臨んでください。

失敗に対する不安を感じるのは当然なことです。レーシック手術は、入れ歯を入れるより痛くないような手術です。成功率が手術としては非常に高く、リスクも小さいので、コンタクトレンズの使用法の誤りで角膜障害を起こすよりはベストだと言えます。視力が1.0まで回復可能でメガネ、コンタクトなしでの生活を考えたら、その不安感を取り除くことはできるでしょう。もちろん、私はレーシックのサイトを運営している人ですから結構前向きに評価しています。その情報を元にどう判断するかは、あなた次第です。

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lasikinfomations.blog76.fc2.com/tb.php/118-6ee595c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。