レーシック手術前⑩ー角膜曲率半径、角膜形状解析

レーシック手術前⑩ー角膜曲率半径、角膜形状解析 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

角膜トポグラフイーという機器で、円錐角膜(盛り上がった形)など、角膜のカーブの度合いを調べます。角膜形状の検査は、低出力の光線を照射して、角膜の湾曲を測定したり、不正乱視がないかどうかも検査します。

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lasikinfomations.blog76.fc2.com/tb.php/12-c97e5484
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。