イントラレーシックとは?

イントラレーシックとは? に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

イントラレーシックはレーシックの一部と考えてください。イントラレーシックとレーシックの違いは、フラップ(角膜に作るフタ)の作成方法にあります。

通常のレーシックは、マイクロケラトームという電動カンナのような装置でフラップを作成しますが、イントラレーシックは、アメリカINTRALASE社製イントラレースFSレーザーを用いて、コンピュータ制御によってフラップを精密に作成します。

これにより、正確で安全で後遺症のないフラップを作成することができると言われています。

レーシックもマイクロケラトームにより精巧なフラップを作成する努力が続けられていますが、カンナで切断するため、フラップの断面が若干凹凸があったり、ヒンジ(フラップのつなぎ目)の部分が斜めになり、まれにシワの原因となることがあります。

イントラレーシックは、コンピュータ制御によりフラップを作成するので、断面もヒンジの部分も非常に綺麗な仕上がりが期待できるといわれている。しかし、レーシックを勧めるところもあり、イントラレーシックがレーシックに比べてどれくらい優れているかは正直誰もわからないのだろうと想定されます。

イントラレーシックの最も素晴らしい点は、レーシックと比べると少ないフラップを削る量で、大きい視力矯正効果が期待できることです。また、同じレベルの視力矯正を行うのであれば、角膜を削る量はイントラレーシックの方がレーシックに比べると格段に少ないです。

この利点は、一度手術を受けた後に更に視力が低下した場合に、再手術を受けることができる可能性があるということです。削った角膜の量が少ないため、もう一度手術できる可能性があります。

レーシックに劣る点としては、実績が劣るということでしょうか。あと、層間角膜炎(DLK)の発生や、フラップの作成や接着に時間がかかる、などの欠点が指摘されています。また、あまり言われてないことですが、友人は手術中に痛かったと言っていました。痛かったのは手術中だけみたいですが。

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lasikinfomations.blog76.fc2.com/tb.php/122-2d70aa90
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
LASIK MY Left eye のお得な情報
2007/11/10(土) 03:22:03 | レーシックの手術動画 必見です
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。