エピレーシックとは?

エピレーシックとは? に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

エピレーシック (EPI-LASIK) とは、イントラレーシックと同様にレーシックの一部です。異なる点はエピケラトームと呼ばれる器機を使用してフラップを作成することにあります。あとは基本的には同じだと考えてよいと思います。

エピレーシックではレーシックと異なり、強い眼の衝撃でもフラップがずれることはないといわれています。

レーシックより優れいている点としては、眼に衝撃があっても、フラップがずれないことです。 あとは、視力が安定していると言われることでしょうか。

レーシックより劣っている点としては、手術後一週間程度の生活に大きな支障があるということです。痛いらしく、専用のコンタクトレンズで保護することもあるようです。また、レーシックに比べると患者の数が少ないため、まだまだ隠れいている失敗がある可能性があります。

そうはいっても、かなり進んだ形のレーシックです。もし、1週間は家でゴロゴロできる生活を送っている人であれば、お奨めできる方法のひとつだと思っています。

また、似たような術式にレーゼック(ラセック)という視力回復レーザ手術があります。

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lasikinfomations.blog76.fc2.com/tb.php/123-9bcd6db5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。