強制度数による分類

強制度数による分類 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

近視の程度を度数で表した場合、以下のように分類されます。

乱視の程度を度数で表した場合、以下のように分類されます。

  • 1D以上、2D未満:軽度乱視
  • 2D以上:強度乱視

乱視の矯正の限度の目安を以下に示します。ある程度個人差もありますし、時代とともに変わっていきますが、現在の参考として見てください。

  • 眼鏡で矯正できる限度は2.5Dまで
  • ハードコンタクトレンズで矯正できる限度は2Dまで
  • 現在最も安定している最先端レーシック機器のエキシマレーザーWavefronttレーザーテクノラス217Z100で強制できる限度は5Dまで

視力について

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lasikinfomations.blog76.fc2.com/tb.php/131-fe5302d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。