ウェーブフロントレーシックと角膜の関係

ウェーブフロントレーシックと角膜の関係 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

 ウェーブフロントレーシックと削除する角膜の厚さは直接関係ありません。

 ただし、ウェーブフロンとレーシック角膜の削り方が他の手術とは大きく異なるため、それが大きな強みになっています。

 角膜は凸レンズの働きをして光を曲げます。角膜に局所的なひずみがあれば眼鏡やコンタクトで矯正しても光は網膜にきちんと結びません。通常のエキシマレーザー装置では、局所的なひずみを補正するような照射ができません。そのため、術後の視力にも限界がありました。

 この限界を打ち破ったのが新世代のウェーブフロントレーザーです。ウェーブフロントレーザーでは、照射前に角膜の詳細なデータをデュアルワークステーションやザイウエーブという特殊なコンピュータで解析します。

 網膜から反射する光を、目の前に置いた無数の微小な凸レンズで拾います。凸レンズは格子状に配列されており、そのレンズの焦点位置にはCCDカメラのチップ板があります。

 角膜が正常であれば、チップ板には網膜からの反射光が格子状にきちんと並びます。角膜にゆがみがあれば焦点の配列は乱れます。その状態をコンピュータで解析して、角膜のどの部分を削れば格子状に並ぶか計算します。

 その計算に基づいて、誘導装置がついたスポット照射のできるエキシマレーザーを使って角膜を補正します。実際には角膜だけではなく水晶体のゆがみも計算して照射をします。

 こうした眼の状態に合わせた照射をカスタム照射といい、カスタム照射ができる新世代のエキシマレーザーをウェーブフロントレーザーといいます。ウェーブフロントレーザーの登場によって、2.0を超えるスーパービジョンを狙うことができるようになりました。錦糸眼科のレーザーは最も優れたカスタム照射ができるエキシマレーザーです。

 ウェーブフロントレーザーはたくさん生まれていますが、現時点で最も実績があってお医者さんも使い慣れてて安心感があるのはWaveFrontレーザー・テクノラス217Z100ではないかなぁと思います。これは人の意見が分かれるところですね。最新の機械が素晴らしいと思う人もいるし、ある程度実績のある機械が素晴らしいと思う人もいる。難しいところです。

 ウエーブフロントレーザーは現在最も優れたシステムといえますが、欠点もあります。簡単ですが、紹介しておきます。

  • 角膜や水晶体のゆがみを解析する装置の精度にまだまだ改善の余地があること。(点眼薬を使用しない解析方法が出てくるの待ち?)
  • 解析装置に用いられる微小な凸レンズには、精度を上げる改善の余地があること。(小さい凸レンズになればなるほどよい
  • 散瞳作用のある点眼薬は眼の中の圧力を上昇させることがあり、角膜の曲率半径を小さくさせることがあること。
  • デュアルワークステーションやザイウェーブなどのコンピュータでどんなに優れた解析を行ったとしても、フラップを作った時点で解析結果に変化があること。(フラップを薄く作れれば作れるほどよい)
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lasikinfomations.blog76.fc2.com/tb.php/135-72a46b89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。