レーシック手術③-ドレーピング

レーシック手術③-ドレーピング に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

レーシック手術時にまつげが障害にならないよう覆うためにドレーピングを行います。ドレーピングとはエステなどでも使用される言葉ですが、レーシックの場合はちょっと意味が違っていて、睫毛の形を整えるというようなイメージで捉えておけばよいと思います。

片眼ずつ手術をする場合は、通常は矯正が少ない眼から行ないます。

開瞼器を眼の縁に入れ、四方から眼球を十分に露出させます。手術を終了した患者さんに聞きますと、この開瞼器の使用時が一番、違和感を覚えるようです。眼の周りが引っ張られるような感じを受けるからでしょう。

点眼麻酔のかかった目が大きく開いている状態になります。

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lasikinfomations.blog76.fc2.com/tb.php/21-028de5e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。