レーザーによる視力矯正手術の歴史

レーザーによる視力矯正手術の歴史 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

1995年、米国のFDA(食品医薬品審査局)がPRKピーアールケー方式=前述)を認可してから、エキシマレーザーによる視力矯正手術が行なわれるようになりました。

以来、爆発的な人気をみせ、2000年現在で、150万人を超える人がレーザーによる視力矯正手術を受けたと言われています。その後もうなぎのぼりにレーシック手術を受ける人は増加しています。

アメリカでは、レーシックの医院が眼鏡屋のようにスーパーマーケットの一室に構えていたりしています。今はまだ回りにレーシック手術を行った人が少ないため、失敗の不安で様子を見ている人が多いですが、日本のレーシック環境もそのように変化していくことでしょう。


レーシック手術で失敗しないための質問と回答

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lasikinfomations.blog76.fc2.com/tb.php/43-30ca1236
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。