レーシック手術の失敗で、失明することはありませんか?

レーシック手術の失敗で、失明することはありませんか? に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

手術ですから、100%ないとは言えません。献血でハリを刺しただけでショック死する人もいるくらいですから、何が起こるかわからないのが手術と言えるでしょう。ただ、レーシック手術を受けて、その結果失明したケースはアメリカでも日本でも調べた限りでは聞いたことがありません。レーシックは手術の中では非常に成功率の高い(99%以上成功)手術だということは間違いありません。

手術中の患者の中で角膜の状態が良くなく、レーザーを当てることができなくなり、いったんやめて3ヶ月後に再手術する場合が稀にあります。それは手術の失敗ではなく、より良い結果を求めるための決定です。こういうことが稀に起こりますが、失明にはいたりません。レーザーを当てるのを延期する決断は、医師も勇気があり良心的です。そういう噂は悪い方向で広がりがちですが、良い方に捕らえるのがよいのかなと思います。


レーシック手術で失敗しないための質問と回答

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lasikinfomations.blog76.fc2.com/tb.php/48-b9215072
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。