レーシック手術をして、何らかの後遺症を心配することはないか

レーシック手術をして、何らかの後遺症を心配することはないか に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

レーシック手術のブームを呼び起こしたアメリカ、あるいは日本にしても、これまで手術を受けた患者さんから、重大な後遺症の報告はほとんどないです。術後に夜間像のダブリやまぶしいといった症状は多少あります。もちろん、これらの症状は患者さんにとっては大きなことですが、目が見えなくなるなどというレベルでの重症な症状はありません。

レーザー手術による眼のトラブルは、白内障手術よりもはるかに少ないです。白内障と異なって、手術を受ける人は若い人が多いため、一緒に並べて考えてよいかどうかはわかりませんが、かなり安全だと思ってもらっていいと思います。

レーザー手術は角膜を削るといっても、マイクロメートル(1マイクロメートルは100万分の1メートル)単位で、非常に精密に削る手術です。目の奥まで切る手術でないことをご了承いただければと思います。


レーシック手術で失敗しないための質問と回答

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lasikinfomations.blog76.fc2.com/tb.php/55-29e80bab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。