レーシック手術前⑥ー外眼部の診察

レーシック手術前⑥ー外眼部の診察 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

人によって眼の形が違います。奥眼の人、眼が細い (限裂が狭い)人、または眼の周りの皮下脂肪が極度に厚い人。このような眼の患者さんは手術の際に、眼の中に入れるケラトームという精密機器の動きに支障をきたすことがあります。あるいは、吸引リングがうまく入らなかったりすることもあります。

レーシック手術当日になって、こうした問題点に気づいたのでは遅すぎますので、術前検査で外眼部の診察を行なうわけです。眼が極端に細い患者さんには、限角切開を行なうこともあります。(行うことはめったにありません)

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://lasikinfomations.blog76.fc2.com/tb.php/7-80187f5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。