レーシックの手術を受けたら、一生眼鏡は不要になるか

レーシックの手術を受けたら、一生眼鏡は不要になるか に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

基本的には近視の手術を受けたら、近視のメガネの必要はありません。しかし、年をとってくると、老眼のための眼鏡が必要になるかもしれません。もちろん、それはレーシック手術が不完全だったわけではありません。単に年をとって、目の焦点を合わせる力が衰えただけです。

強い近視で長期間コンタクトレンズを着用していた人の中には、レーシックでは完全な視力に回復しない可能性があります。それは手術の失敗ではないですし、手術前にお医者さんに教えてもらえることがほとんどです。コンタクトレンズを装着するというのは、それなりにリスクの必要なことなので、仕方がないことです。軽い度のメガネを購入すればよいのではないかと思われます。

あと、生活をきちんとしましょう。姿勢とか生活習慣が悪いと、視力への影響を与える可能性があります。今まで視力が低下していた生活と同じではレーシック手術をしても視力が低下する可能性があります。生活習慣が変わらない限り、細胞は変わりません。レーシック手術を期に、人生生まれ変わりましょう。

スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。